サーマルカメラ

お店や従業員さんを守るためサーマルカメラの導入が進んでいます。

サーマルカメラ

イオンなど大型ショッピング施設に行くと、入り口で体温を測る機器やモニターを設置しています。
温度計付きのカメラのことをサーマルカメラと呼びます。

サーマルカメラには以下のような種類があります。
①スマホやタブレットのようなカメラとモニタが一体になったもの
②体温計がハンディタイプでパソコンで管理するもの
③防犯カメラに温度計機能がついたもの

用途によってこれらを選んで活用します。

①一体型
無人で測定ができ「自衛」「自粛」を促します。測定する企業にも、測定されるお客様や従業員にもリスクがなく、手軽に導入できます。

②ハンディタイプ
基本的にはスタッフが測定をして、結果をお客様や従業員に告知します。測定する人手やリスクはありますが、固い入室管理ができます。

③防犯カメラ型
通行する人は測定をしていることに気付かないように設置することが多く、全対象を抜き打ち的にチェックができます。発熱者などがいた場合は、水際でブロックする必要があるので運用方法が難しく上級者向けの対策です。

いろんな種類がありますので、シチュエーションに応じて最適な種類のサーマルカメラを選びましょう。

お電話でのお問い合わせ 無料お問い合わせ
無料見積