従業員を監視して働く方改革を推進する

従業員を監視して働く方改革を推進するためのカメラ活用方法

従業員を監視する?

「監視される!」は、嫌悪感をいだきます。
防犯カメラや監視カメラを取り付けようとすると最初の関門は、
「従業員が監視されるのイヤ」
もしくは
「経営者が従業員を監視するのがイヤ」という声です。

逆に社内カメラを取り付ける会社は
「カメラがあるから安心」
とか
「従業員が安心して働ける環境を作る」です。

同じ環境、同じ防犯カメラや監視カメラを取り付けても
感じ方が違うとまったく違った「効果」です。

昨今、カメラは当たり前の時代になりました。
・防犯カメラ付いているのが当たり前
・インターホンはカメラごしに画像を確認するのが当たり前
・スマホでの通話はビデオ通話で画像付きで会話するのが当たり前
・商業施設の出入り口にはサーマルカメラなど出入り監視するのが当たり前

逆に防犯設備や防犯カメラ、監視カメラがない施設は危険と思われる時代です。
・防犯カメラがない学校
・監視カメラがない幼稚園
・サーマルカメラがない商業施設 など

監視は「関心」、関心は「安心」です。

働き方改革の推進

少子高齢化
デジタル化
多様化
コロナ など

時代は大きく変化しています。

働き方改革は否が応でもしなければなりません。

サービス残業という言葉があります。
一昔前はサービス残業させてはいけない
でしたが、
いまは企業は従業員のサービス残業の実態に気付けないといけない
です。

パワハラやセクハラも同様で
してはいけない、させてはいけない
から、
企業はパワハラやセクハラの実態に気付けなければいけない
です。

知ることで改善できます。
知ったことで改善すべきことに気付けます。
働き方改革の最初の一歩は知ることからです。

また、ひとは「見られている」ことで成長できます。
より効率的に、より生産性が高い仕事を求めたときに、「見られている環境」が有効です。

そして「見られていること」で抑止力が働きます。
抑止力が働くことが安全な環境です。

社内の改善の第一歩は監視カメラの設置から、、

なんのために防犯カメラや監視カメラを設置するのか?

従業員を取り締まるためではなく
従業員の安心のため
生産性を向上や企業のリスクヘッジをするため
防犯カメラや監視カメラを有効に使われる企業が増えています。

 

お電話でのお問い合わせ 無料お問い合わせ
無料見積