盗難防止の防犯カメラ・監視カメラの活用事例

防犯カメラ・監視カメラは盗難防止や犯人特定のために設置されることが最も多い用途になります。
車両部品や貴金属以外にも、配線など様々なものが盗難に遭う可能性があります。

お客様から問い合わせのあった過去発生した盗難

  • 車両・車両部品
    車両・車両部品

    車両だけではなくバッテリーなど部品も狙われる。

  • 鉄板(土場)
    鉄板(土場)

    土場の鉄板は非常に狙われやすい。

  • 貴金属
    貴金属

    貴金属などわかりやすいものも盗難されやすい。

  • 配線
    配線

    配線も高値で売買されるため狙われる。

盗難防止・盗難対策の防犯システム

カメラの画像
ポイント①:パトライトの光で威嚇

カメラにセンサーをつけることで、パトライトの光で犯人を威嚇して、未然に盗難を防ぐことができます。また、センサーやライトなどの防犯セキュリティ商品も多数取り揃えています。

ポイント②:赤外線カメラで夜間の監視もOK

盗難は夜間に行われることが多いため、赤外線カメラで犯人が特定できる環境にしています。また警報ベルやフラッシュライトなど威嚇・撃退する防犯システムも取り揃えています。

お電話でのお問い合わせ 無料お問い合わせ
無料見積